【語学学校の本音】本当に語学学校に行く必要はあるの?

僕は英語が全くできずにアメリカに行った。

アメリカを選んだ僕は語学学校に行く選択肢しかなかった。

英語を学ぶ上でアメリカを選んだことは間違えではなかったと思う。

そしてなんとなく選んだサンフランシスコ。

ここが僕の英語の原点であり、今でも西海岸は僕のお気に入りのアメリカである。

もくじ
.語学学校に通ってみて今思うこと
2.語学学校初日
3.小学生レベルの授業からスタート
4.語学学校に行くという選択
5.わかったこと

 

1.語学学校に通ってみて今思うこと

breather-7188.jpg

語学学校に行く必要はあるのか?

僕の答えは。

 

 

 

 

 

 

 

 

「あると思います。」

 

 

 

 

このフレーズ懐かしいな。

 

僕にとっては意味があるものだった。

 

 

 

 

 

それは出会いと経験である。

 

 

 

 

 

 

この時出会った友達とは今でも連絡を取っている。

彼らの国に旅行に行くときや、彼らが日本に来るときには一緒に食事をする。

 

 

 

語学学校に行く必要のある人は僕のように全く英語ができない人。

日本で英語を勉強しようとしても続かないひと。

そういう人は語学学校に行く必要があると思う。

 

 

 

 

 

 

ただ僕のように9か月も行く必要はない。

 

 

 

 

 

半年も行けば充分である。

学校生活にも慣れ、自分が進む次の道を見つけることができる。

学校のクラスが上がっていくほど、大学に入るための英語を勉強するだけになる。

 

 

 

 

 

ある程度英語の力がある人は、アメリカだったら語学学校は行かなくてもいい。

 

 

 

 

大学にそのまま行けばいい。

アメリカ以外の国ならワーキングホリデーがある。

あなたが30歳以下ならば、カナダやオーストラリア、ニュージーランドにいける。

 

このVISAは制限はあるが勉強をしながら働けるものすごいやつ。

この時の僕はワーキングホリデーというものがあるなんて知らなかった。

 

2.語学学校初日

mari-helin-tuominen-38313.jpg

学校初日。

クラス分けのテストをやらされる。

 

このテストの点数が高いと上のクラスに入れられる。

テストは筆記と先生との会話。

 

あまりに上のクラスに入ってしまうと、スピーキングについていけなくなる可能性がある。

 

 

上のクラスはヨーロッパ人が多く、ある程度会話ができる人が多い。

 

 

 

日本人目線で見るとだけど。

 

 

 

 

 

 

英語ができない人から見れば

みんなすげぇ喋れるんだな!!って思う。

 

 

 

 

 

日本人は文法は得意だが、会話は慣れていない人が多い傾向がある。

僕の周りにも授業の理解はできても、会話がついていけないと言っていた友達が多数いた。

 

もちろん僕はほとんどテストの問題がわからず、最後の問題には日本語で答えた。

 

ありがとう!!って書いた。

 

 

 

 

ありがとうも英語で書けなかったくらい英語できなかった(泣)

そして一番下の小学生レベルからスタートすることに。

 

3.小学生レベルの授業からスタート

aaron-burden-236415.jpg

小学生レベルのクラスの授業内容。

はじめはABCからやらされる。

 

 

 

ABCぐらいわかるわっ!!

 

 

 

 

ってみんな思うでしょ?

 

 

意外と発音を間違って覚えてたりする。

 

 

そのあとは中学生でやった文法をやる。

もちろん授業はすべて英語。

 

 

はじめの先生は笑顔が素敵な黒人なまりのある先生だった。

先生によって、アクセントが違うと理解するのが難しい。

 

 

 

東京弁と関西弁みたいなものだ。

 

 

 

英語が全く理解できない僕には黒人なまりだろうとイギリス英語だろうと関係なかった。

 

 

どっちにしろ英語聞きトレナイカラ。

 

 

 

何を言っているのか全然わからない。

 

 

 

授業は基本的にはテキストに沿って文法をやったり、英語を使ったゲームをやる。

 

 

テストは毎週月曜日。

このテストが一番嫌いだった。

 

 

先生は黒人、オーストラリア人、イギリス人、アメリカ人など様々。

 

4.語学学校に行くという選択

jakob-owens-127176.jpg

僕が経験してわかったこと。

一番下のクラスからスタートするのはお金と時間の無駄だ。

 

 

僕には全く英語ができないということを考えると、僕が進める道はそこしかなかった。

最低限の英語力、知識は必要だった。

 

 

ある程度英語を理解したうえで、短期で語学学校にいくか大学に行くべきだと思う。

 

 

それができたならお金も時間も節約ができた。

ただ過去があったから今がある。

 

たくさんの友達を作った。

たくさんの失敗を経験した。

 

 

そこから学ぶことが沢山あったのだから良しとしよう。

 

あの時アメリカ行きを決めていなかったら今の僕はないのだから。

 

5.結論

語学学校に行く必要があるかはあなた次第!ある程度、英語を学んでから行くこと。それがお金と時間の節約につながる。

ブログランキングに参加中!
↓↓↓よろしくお願いします! ↓↓↓

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す