アメリカ人妻と結婚【海外留学初心者】だった僕が留学前に知っておきたかった5つのこと 

 

「留学に行きたいけど、わからないことだらけ不安ではないですか?」

僕は何もわからないまま、アメリカに留学をしました。

本当に何もわからなかったので、語学学校ではABCから勉強しました。

それだけ英語もできなかったです。

アメリカが世界地図のどこにあるのかわからずにアメリカに行き、

子供の時から貯めていた、300万円の貯金を9ヶ月で使い果たしました。

そんな何も知らないで勢いだけで留学をしてしまった僕だからわかる、

留学前に知っておいた方がよかったこと。

これを知っておけば、僕のように無駄に時間やお金を使うことはありません!

※すでに語学留学の経験がある方は時間の無駄ですので、読まないでください。

アメリカには東側と西側があること

僕は世界地図でアメリカがどこにあるのかもわからなかったくらい、教養がなかったです。

日本人なのだから日本語を話せればいいと言っていました。

その状態から英語の勉強をスタートさせたのです。

実はカリフォルニアは都市だと思っていました。


アメリカには西と東があることを学びました。

アメリカ横断をしてみたら、真ん中あたりは結構何もないです。


留学するなら東側はニューヨークやフィラデルフィア。

東側の人は声をかけても構える人が多いです。

東京に住んでいるような感覚です。

※あくまでも全ての人がそうではありません。

結構忙しい人も多く、

買い物をしていても急がされることが多いですね。

東京と同じように人口が多いせいでしょうか

ニューヨークは特に忙しいです。
【憧れ】学生はニューヨークに行くな!!ニューヨークは憧れていたままの方がいい6つの理由

西側はロサンゼルスやサンフランシスコ。

僕ははじめてのアメリカはサンフランシスコでした。

これは正解でした。

海沿いで人が穏やかです。

温度差も激しくなく、

車を必要としないで生活できたので、快適に過ごせました。

表面上はいい人たちが多いです。

ニューヨークと比べると仕事よりは生活を重視して行きている人が多いです。

もちろん仕事ばかりしている人もいますが。

英語の勉強のために日本人がいないところに行こうとしますが、

日本人がいなさすぎる場所は、中国人として扱われる場合があるので注意しましょう。

チケットは格安チケットを買う

アメリカに行くのが初めてだった僕は、

飛行機の乗り換えが不安で無駄に24万円の直行便を買いました。

今なら往復のチケットを半額くらいで買います。

今思えば、直行便を選ばずに乗り換え便を選べばよかったです。

飛行機の乗り換えは難しくはないです。

ただチケットに書いてあるゲートに時間前にたどり着けばいい。

こればかりは経験をしないとわからないことなので、何事もやってみるといいです。

たまにゲート変更があり、それを聞いていなくて、

飛行機に間に合わなかったり、

何も聞いていなくて、

飛行機が遅れていることがわからなかったりするアクシデントはありますが何事も経験ですよ。

アクシデントが起こったとしても深呼吸して落ち着くこと。

どうしていいかわからなくなった時、

一番いいのは近くの人に聞くことです。

僕はここに行きたいんだと。

行き方がわからないんだと。

航空券は格安チケット買いましょう。

お金を節約したいのなら、乗り継ぎがおすすめです。

僕がよく使うサイトは

スカイスキャナー

入国カードは完璧に書けるようにしておく

地球の歩き方やネットで調べておくこと。

僕は英語がわからなすぎて、入国手続きゲートで3回も入国カードを書き直されました。

泊まる場所の住所、ホテルの住所もちゃんと書けるようにしておく。

ここが結構忘れてる人が多いです。

必ず泊まる場所の住所を控えておきましょう。

空港からホテルやホームステイ先の行き方を調べておく

僕は無料の旅行会社に頼んで、

前もって、送迎の人を雇っていたが、空港に着いたてから送迎の人となかなか会えなかったです。

携帯電話もなく、路頭に迷い、待つこと2時間。
【まさかの】アメリカに入国できない!アメリカ留学生活【入国審査編】

今ならUberを使う。タクシーはやめときましょう。ぼったくられます。

必ずUberのアプリをダウンロードしておくことです。

ホームステイ先のホストをしっかり調べておくこと

僕のホームステイ相手はフィリピン人で、ほとんど家にはいなかった。

お昼はチキンとりんごのみ。

料理も作ってもらえず、2ヶ月したら、

家を改装するのでいきなり出て行って欲しいと言われた。


ホームステイは1ヶ月で十分です。

そのうちアメリカの生活にも慣れてきます。

自分で料理を作ったり、

洗濯をしたりいい経験になりますよ。

ホームステイ先の家族と仲良くなれるかは運次第です。

英語能力が低すぎで、挨拶もできない状態ならホームステイは辛いものになると思います。

銀行口座はすぐに作ること

どこでもいいから(できれば手数料がかからない銀行)

一致以上のお金が入っていれば、手数料はかからない銀行)がおすすめ。

着いたらすぐに銀行の口座を作りましょう。

この作業は必ずやらなければならないことなので。

僕は本当に英語ができない状態で言ったので、

留学の9ヶ月間、日本の銀行からATM手数料と為替え手数料を払いながら、

家賃などのお金をATMで下ろしていた。

今思うと本当に無駄に手数料を払っていました。

英語がわからなくて、銀行の口座が作れない場合は、

周りにいる日本人に作って聞けばいい。

一人が嫌なら一緒に行ってもらってもいいです。

とにかく必ず作ること。

短い留学でも作りましょう。その作業は経験になります。

学んだこと

とにかくやってみることは大切。でも事前に知識を得ておくことは時間とお金の節約になる。


全く英語ができなかった僕にアメリカ人の彼女ができ、

その彼女がアメリカ人妻になりました。

英語をゼロからスタートしたのは23歳のとき。

何もわからずにアメリカに行き、ABCからのスタート。

そんな僕がどうしたらアメリカ人と結婚できたのか。

そんな経験や失敗談からわかったことを書いていきたいと思います。

英語を学びたいけど始め方がわからない方。

外国人の彼女が欲しい方。

アメリカに住んでみたい方。

日本から出てみたい方の力になれれば幸いです。

このサイトがどうか誰かの役立ちますように。

 




にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す