【奇跡】新婚旅行は映画の世界|バリの旅「食べて、祈って、恋をして」のおじいちゃんに会う

 映画で見た世界「バリ」。

新婚旅行ということで行ってみよう。

オーストラリアから日本に帰る途中にバリに行ってみた。

1.新婚旅行は映画の世界「バリ」

「日本に帰る途中に、どこかの国に行ってから帰るのもいいんじゃない?」

別の国に引越しをする時に、途中にある国を旅する。

 

これが僕がよくやる旅のスタイル。

ということでアメリカ人妻をバリに連れ出してみた。

 

とりあえず2週間くらいのんびりしよう!

何も考えずに予定は立てない。

 

これがくらいの旅がちょうどいい。

別に予定は立てない。

その日の気分で決めればいい。

飽きてきたら何かやることを探せばいい。

 

とりあえず海でのんびり。

特に何もしない。

 

2.バリでオススメの場所「ウブド」

この映画はずっと前からお気に入りで、

旅に出るっていいなって思ってました。

インドには行ったので、あとはバリとイタリアだ。

 

はじめ、映画を見たときは、食べて、遊んで、恋をしてだと思ってた。

Rは僕にとっての強敵である。

 

映画のワンシーンにもなっている場所。

この場所を自転車で走る。

 

アメリカ人妻には、女っぽい映画が好きなんだとバカにされました。

 
コンバースを履いていた時も女っぽいって言われた。
日本人は大人になってもコンバースを履くんだ!!
 

【漫画 】アメリカ人の彼女。毎日シャワーを浴びない!?

3.「食べて、祈って、恋をして(Eat Pray Love)」のおじいちゃんに会う

aceshowbiz.com

クトゥ・リエ(Ketut Liyer)

 

映画に出てくるクトゥ・リエは実在の人物。
バリ伝統の占いや治療をする。
まだまだ現役で映画の中ではヨーダのような人と言われてる。
 
 

ホテルに戻る途中、

道に迷ってしまった。

 

近くの人に道の聞いているときに、

教えてもらった場所。

 

ちょっと怖いおばさんの横を通り抜ける。

 

そして奥に行ってみると、

会えると思っていなかった人に会えた!

 

相変わらず、いい笑顔してるな!!

でも映画と同じで本当に歯がない。

 

 
 
僕がずっと会いたかった、
食べて、祈って、恋をして(Eat Pray Love)」に出ていたおじいちゃん。

 

 

子供をなぜ作らないんだと何回も聞いてきた。

 

その後、猫のうんちのコーヒー豆で作ったコーヒー「コピ・ルアック」を飲んだ。

 

THE  BUCKET LIST

この映画で出てくるうんちコーヒー。

話を聞くとコピ・ルアックは高値で売れるため、

ジャコウネコに無理やりコーヒー豆を食べさせて、

作っているものもあるそう。

 

肝心の味はというと。

まったりとして、濃厚で、それでもって発酵臭というか、

うんちの香りがほのかにして。。。

 

 

 

うん。普通のコーヒーだ。

 

 

※うんちの匂いはしないです。

 

4.元気玉でなぜ敵を倒せるのだろうか。

誰かが元気玉を作っていた。
気になったので、ちょっと近くまで行ってみることに。
 
誰かと思ったら、うちの妻でした。
 
 
ここで素朴な疑問。
 
 
 
元気玉でなぜ敵を倒せるのだろうか。
喰らえば元気になれないのでしょうか?
 
 
 
そんなことを考えながら、
アメリカ人妻が当たりました。
 
 
 
 
 
何に当たったかというと。
 
 
 
 
 
旅先で2度目の食あたりです。
 
 
食あたりの怒りで出るものを出し尽くしたのか、
かめはめ波まで出してしまったアメリカ人妻。
 
 
 
 
 
 
お願いですから、こっちには撃たないでください。
 
 
 
 
 
 
そんな僕はダルシムで戦うことになった。
 
 
 

5.アメリカ人妻バリでバリベリーになる

バリ料理と言えば、ナシゴレンやミーゴレン。
どれも美味しいが、
物足りなくなる味。
 
僕はチャーハンと焼きそば派です。
 
 
そして、アメリカ人妻の体調が悪くなる。
食事か水で食あたりになった。
これはバリ腹(Bali belly)と呼ばれている。
 
腹部に壮絶な痛みと、
数時間に及ぶ 水様性の激しい下痢に襲われる。
水下痢が1週間も続く 。
 
原因はもしかしたらスープか?
 
いやっ。
フルーツを水道水で洗ったから?
 
 
またも食あたりになったのはアメリカ人妻だけだった。
 

【悲報】アメリカ人彼女はじめてのレバ刺しで食あたり|ふたりで海外【 韓国の旅】

6.学んだこと

食あたりになるとアメリカ人妻は僕に向かって、かめはめ波を撃つ。




にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す