【働き方】について考えてみる。アメリカ人と日本人の働き方の違い「アメリカ人編」

実際に日本とアメリカで働いてみてわかったこと。

国が変わると働き方も考え方も違う。

アメリカ人と日本人の働き方の違い。

 

純日本人が何も知らずにアメリカに行き、結婚し、仕事をして見てわかった。アメリカ人との働き方。

これを知っていれば、アメリカ人と働くときに働きやすくなると思います。

 

アメリカに旅立ちたい人、アメリカに住んでみたい人の参考になればいいと思いこの記事を書きました。

この記事が誰かのお役に立てれば幸いです。

アメリカ人の働き方

言わないと動かない

基本的に何も言わないと動いてくれません。

何もせずに話していることも多いです。

日本のように空気を読むことはないです。

 

なんでこんなことを言わないとわからないんだ?

ということも言わないとわかりません。

 

やってほしいことがあれば、しっかりと言いましょう。

言わないとわかりません。

 

道を通るときや物を借りるときは声をかけるようにしましょう。

そうしないと失礼になります。

 

必ず言い訳をする

遅刻をしてたら言い訳を言います。

何か仕事でミスをしても言い訳を言います。

 

アメリカ人には自己防衛機能がついているようです。

日本人は自分を犠牲にしてまで相手のことを気にかける人もいます。

 

精神的に楽になるのでこの能力はつけるようにしましょう。

※日本でこれをやるとつべこべ言わすに働けと言われます。やめましょう。

 

 

言いたいことは言うべき

言いたいことがあったらどんな状況でも言います。

会話を遮ってまで、自分の意見を言ってきます。

 

基本的に自分が中心で物事を考える人が多いので、

アメリカでは意見を言えるようにしましょう。

 

自分の意見が言えないと自分の個性をアピールできません。

自分の意見がないということは、個性がない人間と見られることが多いです。

 

日本のように言わないが美徳、控えめが美德では、相手は何を考えているのかわからないと判断します。

 

歳の差は関係ない

アメリカで初めてあった人に歳を聞かれることはほとんどないです。

歳を聞いたとしても、日本のように態度が変わることはないです。

 

アメリカ人と一緒に働いていて、何ヶ月か経った後に歳を聞いたら、

自分よりも歳がずっと下だったこともあります。

 

※日本のように年齢が上だと偉いことはないので注意しましょう。

 

ボスやマネージャーの言うことだけを聞く

基本的に自分の立場、ポジションによって相手に指示していいのかが決まります。マネージャーになると偉くなります。マネージャーが仕事ができない人だと周りから文句が出始めます。

相手と立場が同じ場合は相手に注意をするのをやめましょう。

「マネージャーじゃないのに言うな」と言われることもあります。

年齢よりも立場の方が優先です。

 

仕事のはじまりに話をしている時間が長い

アメリカでは基本の挨拶をした後に、普通の会話をします。

この基本の挨拶は決して相手の体調を聞いてるわけではないので、日本でいうやぁ!くらいの感覚です。

※誰もあなたの体調を気にしてはいません。

 

この挨拶をした後に相手に何か質問をすると会話が弾みます。

例えば、昨日何していたかやどこに行ったかなどの日常会話です。

会話をすると仲良くなれるのでおすすめです。

 

 

学んだこと

アメリカでは相手に伝えることが重要。

言わないが美徳なのが日本。

 




にほんブログ村 海外生活ブログへ

コメントを残す